女子力アップ

ズボラ流!運動嫌いで続かない人でも痩せる方法。

こんにちは!みぽです。

まずはじめにこちらを読んで頂き興味があれば読み進めて頂けると嬉しいです。

 

何を試しても続かない、運動嫌いだけど痩せたい人へ

ダイエットしたい、、でも何やっても続かない、、、

そんな人はきっと

『ダイエットしよう!』

と思って突然運動を始めてみたりめっちゃサラダを食べてみたり、、、

一気に頑張ろうとしていませんか?

勘違いしてはいけません。

三日坊主の人がいきなり大変なことを毎日頑張ろうとしても続かない

に決まっています。

・・・と人のことを言っている私ですが私も皆さんに負けないくらい三日坊主です。

そんな私でもストレスを溜めずに痩せることができた方法があります。

今回はその方法を三日坊主の視点からご紹介します。

がっつりなことはしません。だって続かないから!

 

ダイエットしているという気持ちは持たない

これは私があみだした方法です。この気持ちを持たないことがズボラさんにはとても効果的であると思います。

だってダイエットしてると思うとストレスが溜まるから

ストレスはお肌にもとても悪いです。ダイエットしているのにお肌が汚くなったらダイエットなんてやめたくなっちゃいますよね。つまり痩せる為には同じくらいストレスも無くさないとやっていけません。

ではどうやって痩せるかというと簡単に言えば

自己暗示

をするのです。

私はダイエットなんてしていない。これは日々の健康のためにやっていることなんだ

と思うのです。

そうすることで自分に対してストレスを溜めず、痩せていくことができます。

つまりダイエット=健康

です。

 

痩せるために気をつける3つのこと

食べることを楽しむ

congerdesignによるPixabayからの画像

もちろんよくあるサラダダイエットとか炭水化物抜きダイエットとかやれば効果はあります。

でもきっと皆さんはそれが続かなかった組ですよね。

そんな時は逆に食べることを意識しましょう。

食べることは楽しいですよね。それが一日に三回もあるなんてなんて幸せなこと。

一気にたくさんん食べるのではなく一日三回、落ち着いてゆっくり食べましょう。

楽しみはゆっくりじっくり味わうものです。

ご飯を楽しみにそれまでは頑張って飢えをしのぐのです。。。

それから、ご飯を食べる時にできればテレビを見ずに食べましょう。

そうすることでご飯の美味しさがより感じられます。

お菓子はご飯の後なら食べても大丈夫。でも、少し健康という言葉を頭に入れてみてね。

最初に食べる量を決めてそれ以上はお代わりはしないようにしましょう。この食べる量は自分の腹8、5分目くらいを想像するといいです。

そして頭の中には常に 健康的になる ということを意識しましょう。

マヨネーズも好きなら食べていいです。でも健康的な量を意識してみてくださいね。

 

一日のサイクルを一定にする

これは規則正しい生活をするという意味です。

ただこれは人によって生活サイクルが変わってくるのでその人にあったサイクルを作ることが大切です。

ここで意識することは三食食べるためにどうサイクルを回したらいいかということです。

もしかしたら、少しスマホをいじる時間を減らしてお腹を空かせるために何か行動するとか。睡眠時間を変えてみるとか。

サイクルを一定にすると体がそのサイクルに慣れてきて頭のオンオフがしやすくなります

これは仕事の効率化にも繋がりますよ。

後、学生におすすめなのはバイトをすること

バイトをするとその時間ご飯は食べれないし体力も結構使うからお腹すくし痩せるしお金貯めるし一石三鳥!

 

毎日体重を計る

TeroVesalainenによるPixabayからの画像

これはマジで効果があります大事です。なんならこれさえやってればいいです。

体脂肪も計れるやつだと尚良いです。

最初は現実に絶望しますが健康的になればなるほど体重も落ちていきます。

それが目に見えてわかるのが体重計です。

ダイエットをしていないと思っていても痩せているとやっぱり嬉しいですよね。

その嬉しさが次の日のやる気に繋がります

体重を計るのは意識向上の為!

 

今回のズボラまとめ

 

ダイエットは自己暗示が鍵

 

自己暗示をかけることによって無理することなく自然に痩せることができます。

また、この方法は長く続くものではないと思っています。催眠が溶けてしまうのと一緒です。

そんな時はもう一度暗示をかけるのです。

そうしていくうちに健康的な体、自分の満足の体になっていきます。

ぜひ皆さんも一度この方法を試してみてください。

 

ABOUT ME
mipo
ずぼら女子代表です。 ずぼらでも可愛くなりたいという思いから、楽に可愛く生きる方法を今まで探してきました。このブログでそれらの知識をご紹介していきたいと思っています。