暮らし方

子供が喜ぶ!面白いお年玉の渡し方やアイデアを教えます。

こんにちはみぽです!

今回はお正月の集まりに向けて、子供が喜ぶお年玉の渡し方アイデアとおすすめのお年玉袋をご紹介します!

子供が喜んでいる姿って本当に見ていてこっちが幸せですよね。そんな喜びが倍増するような面白いお年玉の渡し方、アイデアで、新年会を盛り上げちゃいましょう。

子供はインパクトのある行事を記憶しているもの

幼い頃の楽しい記憶とか驚いた記憶って結構思い出に残ってたりしませんか?

私は残ってるんです!すごく。

幼い頃お正月におじさんが大きい風船を持ってきてくれたり、皆でゲームしたり、そう言う記憶って今でも楽しい記憶として残っているんです。

だから是非今年お年玉をあげる人には楽しい思い出を子供達にあげて欲しいなって。きっとその子の心に思い出として残ると思うから。

ふとした時に思い出すのが自分と過ごした楽しい記憶だったら嬉しいですね。



 

子供が喜ぶお年玉の渡し方アイデア

単に可愛いお年玉袋であげるものいいですが、渡し方にも一工夫してあげると、とっても盛り上がること間違いなしです。

宝探しをさせる

https://pixabay.com/ja/photos/女の子-女性-髪-三つ編み-3959203/

 

お年玉の中にお金ではなく一枚の紙を入れます。そこには『みかんの入れ物の下』と書いてあります。みかんの入れ物の下には次の指令が・・・と言うようにまるで宝探しをさせるような感覚で最後のお宝としてお年玉を渡すのです。子供の探究心をくすぐる方法ですね。宝探しの紙になぞなぞで隠し場所を当てさせても面白そう!

小銭をたくさんあげる

小銭をたくさんもらうとその重量感から子供はとても満足感を感じます。お金持ちになったような気分になるし喜ぶことでしょう。小銭のつかみ取り方式にしても面白そう!片手で掴んだ分だけもらえる方式にして、年ごとに手も大きくなっていくでしょうから、子供も楽しんでくれそうです。

ゲームの賞金として

Rudy and Peter SkitteriansによるPixabayからの画像

 

人生ゲームやトランプなど、大人数だからこそ楽しめるゲームで賞金形式にするのはどうでしょうか。普段は忙しくてゆっくり遊ぶことが出来ない人でもこういう機会を使ってコミュニケーションを図ってみましょう。両親や親戚とゲームした記憶はきっとお子さんの中に思い出として残ることでしょう。

あみだくじで金額を決める

子供にとってはお年玉は大事な収入源ですからドキドキのあみだくじになることでしょう。手軽に出来るのにスリリングなところがおすすめポイントです。

おすすめの本と一緒に渡す

Free-PhotosによるPixabayからの画像

 

本の最後のページにお年玉を貼り付けておきます。きっと子供もその本を読みきってお年玉が欲しいと思うはずです(純粋な子供なら笑)子供に読ませたい本がある人、少しでもゲームをやめさせたい人などはこの方法がおすすめです。

おしゃれなお年玉袋で渡す

最近はただのお年玉袋ではなく一味加えたお年玉袋も多く販売されています。サクッと「これいい!」と思ったやつ紹介していきますね!

おもしろ一言を加えたお年玉袋。

お子さんの心にもきっと刺さるはずです。笑

立体的なお花をあしらったお年玉袋

お花の部分がフェルトになっていて可愛らしく大人っぽいです。大切に使おうとより思わせてくれそうです。二つ織のお札が入るサイズ感です。

立体感のあるお年玉袋

小銭入れに使ったり小物入れとしても活用できますね。和紙で作られたお年玉袋は優しい手触りと暖かい温もりを感じさせてくれます。

今回のまとめ

何か参考になるものはありましたでしょうか?今回は子供が喜ぶお年玉の渡し方アイデアをご紹介しました!またお年玉袋もいろいろな形やデザインがあります。ちょっとみんなと違う袋して注目を集めてみてください!

これであなたもお子さんの心に残る人になるはず!

 

ABOUT ME
mipo
ずぼら女子代表です。 ずぼらでも可愛くなりたいという思いから、楽に可愛く生きる方法を今まで探してきました。このブログでそれらの知識をご紹介していきたいと思っています。